読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のためなら命がけ!50代おやじの挑戦

愛する家族のために頑張ります!

社外からのクレーム対応と妻の反応

厄日

f:id:natsumikyancyan:20161207173922j:plain

今日は厄日だった。
なぜなら、朝からよくクレームが来る日だったからだ。

たまに、凄い剣幕で捲し立てるお客様がいるが、
そんなお客様の対応は、何年勤めても慣れない。

上から目線で、一方的に指摘されると心が折れる
そのくせ、こちらの話は全く聞かないのだから、本当に手に負えない。

今日は本当につかれたので、ついつい妻に愚痴ってしまった。


会社の愚痴はたまに、妻に聞いてもらう。
妻は、もちろんちゃんと聞いてくれるし、アドバイスをくれるときもある。
だが、逆に愚痴が増えることで
「夫は仕事ができない人間」だと思われていそうで、ツライ。


私は、会社でも評価は悪くはないほうだし、後輩にも恵まれている。
だが、だからと言って出世できるわけでもない。
どんなに会社に貢献しても、成果が出ないのは、本当に自分せいなのか?
モチベーションは下がるばかりだ。


その点、鈴木あみさんに教えてもらった「せどり」はいい。
やった分だけしっかり返ってくるし、自分との戦いなので、
仮に悪い結果が出ても、自分の仕入れミスを省みることもでき、次にいかせる。

実は、先日Amazonアカウントを取得して、初めて出品してみた。

そう簡単には売れないだろうとおもっていたのだが、
なんと200円で仕入れた本の1冊が早々に1800円で売れたのだ!

これには驚いた。
もちろん、たまたま運がよかったのかもしれない。
だが、3冊のうち一番望みが薄そうな本が出品から2日で売れてしまったのは確かだ。

それは、状態がよかったことで仕入れた専門的な本だったが、
意外とこういう本の方が、コアなファンが多いのかもしれないと思った。

まさかこんなに早く売れるとは思っておらず、正直、発送にはバタバタした。
封筒やプチプチなど、発送に必要なものも一気に買いそろえたので、
実質利益はでてないが、それでも、出だしは好調だと思っている。

その時仕入れた他の2冊は、いまだに売れてはいないが、
代わりにまた、新に古本屋から、15冊仕入れてきた。

鈴木あみさんに教えてもらった方法は確かで
成果が出るのがよくわかった。

今後も鈴木あみさんの教えを守って頑張りたいと思う。