読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のためなら命がけ!50代おやじの挑戦

愛する家族のために頑張ります!

職場に不満?不景気がもたらす悪循環

最近、職場の雰囲気が悪い。

それもこれも、会社の業績が悪いうえに、
更に手当カット話もあるからだろう。

 

職場の愚痴はあまり言いたくはないが、
私の周りの社員は、私を含め、何かしらの不満があるように見える。

若い人の何人かは、既に見切りをつけて転職していった。

だが、人は減っても新しくパートや契約を雇うわけではないので、
人数が少なくなった分の穴埋めは私たち、他の社員がすることになる。
お客がくれば、おのずと残業になることもある。


正直、悪循環でしかない。
その上、手当までカットとなると、本格的に転職考えるべきなのかもしれない…


だが、私はもう50歳。
今からいい職場に転職できるかは、ほとんど期待できず、ハードルは高い。


帰りも遅いため、妻にもよくため息をつかれる。

f:id:natsumikyancyan:20161124175228j:plain

もうすぐ娘の大学受験も控えている。
幼い頃から音楽が好きな娘は、音大を受験したいらしい。
また来年は息子も中学へ入学する。
中学にはいったら、弓道を始めたいらしい。


子供たちのためにも、やりたいことは、させてあげたい。
お金を理由に諦めさせたくない。

なのに、私は一体なんて頼りない父親なのだろう…

妻もフルタイムのパートをして、
仕事も家事もがんばってくれている。


だから、私も掛け持ちでバイトでもしようかと考えたが、
残業があり定時に上がれない私には難しかった。


どうするべきか悩み、途方にくれていた。
だが、先日友人からこんなの話を聞いた。


それは「物販ビジネスのおかげで、安定した生活が送れるようになってきた」というもの。

なんでも、友人は鈴木あみさんという物販のプロと出会い、
ノウハウを学んでから、今はかなり儲けているらしい。

正直、物販ビジネスなら、今の仕事をしながらでも出来る!そんな気がした。

こうなったら、なりふりかまっている暇はないので、
私もその鈴木あみさんにあって話を聞いてみることにした。
友人に話したら、早速、鈴木あみさんを紹介してくれるそうだ。

できることがあるなら、なんでもやるつもりだ。
家族のためにも、頑張っていきたい。